同棲する部屋がスムーズに決まる!賢く賃貸契約を行う方法

同棲する部屋がスムーズに決まる!賢く賃貸契約を行う方法 同棲 間取り

同棲する部屋の賃貸契約をスムーズに進めて早く同棲したい!

と大好きな彼女との同棲が決まり計画を進めている方は誰でも思いますよね。

そこで今回は、同棲する部屋をスムーズに決めるために賢く賃貸契約を行う方法を紹介していきます。

同棲する部屋として賃貸契約を行う場合、煩わしい手続きや賃貸契約を行う上で考えなければならない問題が様々あります。

同棲するお部屋探しにおいて考えられる問題点とその解決方法を事前に把握し、スムーズな賃貸物件探しを行うための準備をしていきましょう。

ちなみに、同棲用の賃貸を探すのであれば、引っ越し後のお祝い金がもらえるサイトを利用するとお得です。

キャッシュバック賃貸であれば、お祝い金で引っ越しコストを抑えられるのでおすすめです。

\祝い金が最大10万円!もらえる/ キャッシュバック賃貸

同棲カップルの賃貸契約は難しい

同棲カップルの賃貸契約は難しい

近年賃貸物件の空き家が多いこともあり、アパートやマンション等の賃貸契約において、賃貸契約の審査や大家さんの考え方も寛容になってきたと言えます。

しかし昔ながらの考え方を持つ大家さんも少なからずいますので、大家さんや不動産会社によっては「同棲カップル」との賃貸契約に対して難色を示される場合もあります。

例えば収入や条件が全く同じの「同棲カップル」と「夫婦」の場合、大家さんや不動産会社からの信頼度が高いのは間違いなく「夫婦」でしょう。

その理由は家賃や諸経費等の支払いが滞る可能性があるかどうかという点です。

同棲カップルが別れてしまったことによる、家賃滞納や退去時の物件の原状回復費用が支払われなかった事例は多々あります。

そのため同棲することを前提に賃貸契約を行う場合は、同棲するカップルの連名で賃貸契約を行いカップル双方に連帯保証人をつけることが多いのです。

同棲の賃貸契約の煩わしい問題を解決する方法

女性でOKしている画像

同棲する物件を探す際にネックになることは、大家さんや不動産会社の同棲に対する先入観からくる不信感です。

スムーズに同棲する部屋の物件探しを進めるにあたっての問題解決方法を3点紹介していきます。

婚約していて内縁関係にあると主張する

単なる同棲ではなく間もなく結婚するということを事前に説明しておけば、大家さんや不動産会社からの信頼度は上がります。

例え今後結婚する予定は未定だとしても、大家さんや不動産会社からの信頼度アップのために事前に二人で口裏を合わせておくことは大切でしょう。

なお賃貸物件には「結婚している夫婦でなければ入居できない」等、口先だけの説明では入居不可な条件が付けられている場合もあります。

このあたりは契約前に事前にチェックしておきましょう。

互いに家賃の支払いができることを証明する

互いの支払い能力を証明することも大家さんや不動産会社の信頼度アップに繋がります。

同棲カップルの不安要素としてよく挙げられる「別れた場合」の対処方法。

これについても、互いに家賃の支払いができることを証明しておけば大家さんや不動産会社も少しは安心するでしょう。

収入が低かったり今の仕事の勤続年数が短い等、支払い能力に不安がある場合は、収入が安定している親族を連帯保証人に立てれば信頼はより高まります。

単身で賃貸契約を行いこっそり同棲する

同棲をするという情報を伏せて単身で賃貸契約を行うことは厳密には契約違反になります。

ただし、こっそり同棲しているというカップルも多くいることは事実です。

単身で賃貸契約を行うことにより、契約における煩わしさは解消されます。

同棲することを前提とした連名での賃貸契約やカップル双方の連帯保証人を準備する必要がなくなりますからね。

しかしこっそり同棲していることが大家さんや不動産会社にばれてしまった場合、契約違反により契約が解除される可能性もあるということをしっかりと理解しておきましょう。

「二人入居可」の物件探しの注意点

「二人入居可」という賃貸物件の条件は、同棲する部屋の物件探しでチェックしておきたい大切な条件の一つとして挙げられます。

しかし必ずしも「二人入居可=同棲生活可」というわけではなく、物件の詳細をしっかりとチェックしておく必要がありますよ。

同棲生活不可の物件である場合は、主に以下の2つのケースがあります。

結婚していることが条件の二人入居可

二人入居可としている物件でも、結婚しているつまり入籍していることが条件の場合があります。

これは結婚前の同棲を信用していない大家さんだったり、入居者が簡単に集まるような人気物件である場合に見られる傾向です。

ファミリー向け物件の二人入居可

ファミリー向け物件の場合、例え二人入居可の条件であっても同棲生活のための賃貸契約が行えない可能性があります。

理由として挙げられるのは、騒音トラブル等の子供に関する問題です。

例えば同じアパートに同棲カップル以外に子供連れの家族が生活していたとしましょう。

同じ子供がいる家族ならば、子供の夜泣きやお部屋でバタバタと騒ぐ音に対して「お互い様だから」と寛容になることができる可能性は高いです。

しかし、子供がいない同棲カップルにとって子供が出す音はうるさく感じ寛容になることが難しい場合が多いのです。

こうした子供に関する騒音苦情等の住居トラブルを回避するため、既存住居者が子供連れの場合同じような状況の入居者しか受け入れないケースがあります。

同棲するお部屋の賃貸契約:まとめ

今回ご紹介した同棲カップルのお部屋探しの内容をまとめてみます。

  • 大家さんや不動産会社への信頼度を上げることがスムーズに賃貸契約を行うための重要なポイント
  • スムーズに進める方法は「夫婦を装うこと」と「支払い能力の証明」
  • 単身で賃貸契約を結ぶ方法もあるが契約違反に当たる
  • 二人入居可の物件でも結婚していることや子供がいること等の条件が付いている物件もある

同棲する部屋の賃貸契約をスムーズに行うためには、いくつかやり方があります。

結婚を前提としていることや支払い能力があることなど、大家さんや不動産会社からの信頼度を高めることが重要であると言えます。

またいくら頑張っても大家さんの考え方や条件等で契約できない物件もあるということは充分に理解しておいてください。

一つの物件に固執せずにダメなら速やかに次に進むことが大切です。

事前準備をしっかりと行い入居条件を確認しながら、自分たちの同棲生活に合う良い物件をどんどん見つけて交渉していきましょうね。

そしてこれまで上げてきた点に注意しながら、賃貸物件はお得に探しましょう。

キャッシュバック賃貸を使えば、無駄な引っ越し代金は支払わずに済みますよ。

\祝い金が最大10万円!もらえる/ キャッシュバック賃貸

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
同棲 間取り
スポンサーリンク
スポンサーリンク
yukaをフォローする
同棲カップル

コメント

タイトルとURLをコピーしました