⇒誰でも年間で約34~42万円も節約できる方法

半同棲を「結婚への近道」にする方法

半同棲を「結婚への近道」にする方法 同棲 結婚

結婚前に彼と一緒に生活しておきたい

こう考えているあなたは、将来のリスクマネジメントに長けています。

なぜなら相手の価値観や考え方そして生活力等は、一緒に生活してみなければわからないからです。

相手のことをしっかりと理解するため、週に何度かお互いの家で寝泊まりして過ごす半同棲という方法があります。

結婚を考えるなら、半同棲そして同棲とどんどん進めたい女性も多いですよね。

しかしいざ同棲するとなると、引越しの準備や相手との決め事など、いろいろと面倒も多いもの。

そこで今回は、「結婚への近道」にするための半同棲の方法についてご紹介していきます。

半同棲を「結婚への近道」に
  1. 半同棲のカップルが結婚する方法×3つ
  2. 半同棲から結婚に至らずに破局する原因
  3. リスト3
ここを解説!

半同棲のカップルが結婚する近道とは?

半同棲のカップルが結婚する近道とは?

半同棲のカップルが結婚する近道は、半同棲から「スムーズに」同棲し結婚するという流れです。

半同棲中に、相手から「この人と結婚したい!」と思わせられるかがポイントになってきます。

そしてダラダラと半同棲を長引かせないような対策も必要になるでしょう。

そこで半同棲生活における結婚への近道になるポイントを4つご紹介します。

家庭的な部分を見せる

一般的に男性が結婚相手に求めることはまず「家庭的であること」です。

半同棲生活の中で料理や掃除洗濯等、家事をそつなくこなすところをアピールできれば好印象を持たれます。

家庭的な部分を見せて、「美味しい料理」や「片付いた部屋」等、相手に結婚後の幸せな生活をどんどん想像させましょう。

そうすれば、相手も結婚という意識がどんどん高まり結婚が近くなる可能性が高まります。

彼氏の”お母さん”にならない

家庭的な部分は見せても、全ての家事をこなし何でもしてくれる彼氏の「お母さん」状態になることは良くありません。

「お母さん=家族」という存在になると、女性として意識されなくなるため結婚の決断が鈍る恐れがあります。

半同棲生活では家庭的な一面がある「素敵な女性」をアピールすることが重要です。

ずっと一緒にいすぎない

半同棲生活をすると、相手と一緒にいる時間が必然的に長くなります。

好きな人と一緒にいる時間が増えることは喜ばしいことですが、「一緒にいすぎること」は良くありません。

なぜなら一緒にいすぎて逆に倦怠期に陥ってしまったり、結婚するという意味を見失ってしまう可能性があるからです。

半同棲をしていても相手との適度な距離を保ち、女性としての魅力を維持する必要があります。

メイクやファッションに手を抜かず、相手の前では女性らしくふるまうことを常に心掛けましょう。

そして「もっと一緒にいたい」という気持ちを持続させることにより、同棲や結婚等スムーズに次のステップに進む可能性が高まります。

期間を決める

同棲そして結婚と相手との次なるステップを考えているなら、ずるずると半同棲を続けることのないように期間を決めておきましょう。

そのためには半同棲をする前に、相手としっかりと話し合うことが大切です。

将来結婚したいという意思や同棲や結婚のスケジュールを具体的に話し合うことによって、付き合いの本気度や相手の考え方が見えてきます。

お互いの生活状況や性格等を充分考慮し、2人に合った半同棲の期間を設定してみましょう。

半同棲から結婚に至らずに破局する原因

半同棲から結婚に至らずに破局する原因

せっかく半同棲したのに、結婚に至らず破局してしまうケースも多々あります。

半同棲を成功させ結婚するために、反面教師として破局する原因を把握しておくことはとても大切です。

そこで半同棲から破局に至る主な原因を4つ紹介します。

自分が原因で半同棲を失敗させないためにも、しっかりとチェックして対策を考えましょう。

家庭的な要素が一切ない

料理や掃除等の家事が苦手で家庭的な要素が一切ない相手とは、将来の結婚をイメージできずに別れてしまう場合があります。

結婚は生活を共にすることですから、相手に家庭的要素を求める相手は多いです。

家事が一切できず家庭的な要素が無い方は、掃除や料理等基本的な家事ができるように努力しましょう。

例え最初は家事ができなくても、日々努力して料理が段々上手になる等進歩がみられる場合はとても好感が持てます。

「何もできなかった彼女がどんどん家庭的になっている」ことが伝われば、同時に結婚への本気度も伝わることでしょう。

常に一緒を求められる

いくら好きな相手でも常に一緒に行動することを求められては息が詰まります。

更に一人でいるときも出かける場所や時間等のスケジュールを知りたがり行動を管理されると相手のストレスも溜まるでしょう。

半同棲して一緒にいることが相手の重荷になってしまっては元も子もありません。

結婚したいのなら相手のことを考え、好きでずっと一緒にいたいという気持ちを抑え過度な束縛はやめましょう。

恩着せがましい

半同棲をしていると、相手の恩着せがましい言動は些細なストレスです。

恩着せがましいという相手へのストレスの積み重ねが「結婚したくない」という気持ちを大きくしてしまう要因になります。

例えば、家事をしてもらう度に「ありがとう」を強要されることは日々の些細なストレスに繋がるでしょう。

また部屋の掃除等頼まれてもいないことを勝手に行い「してやった感」を出すことも好ましくありません。

感謝は相手に無理やり引き出させるものではありません。

相手に与える日々の些細なストレスで結婚をふいにしないように充分に気をつけましょう。

生活習慣が違いすぎる

生活習慣が違いすぎることも破局の原因の一つです。

生活習慣とは人間の生きる根源のリズムといっても良いでしょう。

ですから生活習慣が違い過ぎる相手と半同棲生活を行う場合は、大きなストレスになります。

一緒に暮らせば、相手の就寝時間や食事時間そしてトイレやお風呂の時間等の生活習慣は否が応でも気になるものです。

お互いの生活習慣をできるだけ合わせる「歩み寄りの気持ち」が無ければ、半同棲生活は上手くいきません。

半同棲を「結婚への近道」にする方法:まとめ

今回ご紹介した内容をまとめてみます。

  • 相手に「結婚したい」と思わせる行動や期間設定等の工夫がポイント
  • 破局する原因の多くはお互いの歩み寄りや努力で解消できる

お付き合いしている相手との同棲や結婚を考えているなら、半同棲は計画的に行う必要があります。

そして半同棲という気楽な関係に甘えることなく、相手にとって魅力的な女性を維持する努力も必要です。

お互いが「結婚したい気持ち」を高められるよう、早速結婚を見据えた半同棲生活をはじめてみましょう。


この記事が気に入ったら
いいね!お願いします♪
↑ twitterもやってます
同棲 結婚
スポンサーリンク
スポンサーリンク
yukaをフォローする
同棲カップル

コメント

タイトルとURLをコピーしました