⇒誰でも年間で約34~42万円も節約できる方法

半同棲におすすめの間取り!ストレスを軽減して過ごす方法

半同棲におすすめの間取り!ストレスを軽減して過ごす方法 同棲 間取り

デートの度に別れが辛い!もっと一緒にいたいなぁ

こう考えているあなたには半同棲がおすすめです。

一人暮らしをしていた賃貸アパートにパートナーが時々来て半同棲のようにスタートする人も少なくありません。

しかしここで問題となるのが部屋の狭さです。1人用の間取りで狭い部屋だとストレスがたまりがちなんですよね。

半同棲でもうまくいく方法と同棲カップルに人気の間取りをご紹介します。

半同棲の部屋でのストレスを減らす5つの工夫

半同棲の部屋でのストレスを減らす5つの工夫

半同棲の部屋でのストレスを減らすポイントは、「音」と「スペース」そして「良好な関係の維持」です。

いくら仲の良いカップルでも、いびきやトイレの音といった生活音はストレスの原因になります。

また窮屈な空間での生活もストレスの原因の一つです。

半同棲のストレスにより良好な関係が崩れてしまっては、元も子もありません。

そこで半同棲の部屋でのストレスを減らす5つの工夫をご紹介します。

収納を工夫する

半同棲の部屋が狭い場合、快適に過ごすためには収納の工夫は欠かせません。

いかにスペースを有効活用し収納を工夫するかで快適さがまるで違います。

収納の工夫例として以下の方法をご紹介しますので参考にしてみてください。

  • 突っ張り棒を活用して収納
  • 衣装ケースは部屋の隅に配置
  • ハンガーラックを使った「見せる収納」
  • ベッドやテレビボードは「収納付」のものを使用する

折りたたみ式の家具を活用する

家具は生活に必要ですが、何気に場所を取ってしまいます。

そこで折り畳み式の家具を活用することは、スペースの有効活用として賢い方法です。

テーブルは食事等の必要時に出し通常折り畳みしまっておけば普段のリビングが広々と感じます。

また折り畳みソファーベッドなら、ベッドをソファー代わりにできるためそれぞれ置くスペースを省けます。

2段ベッドより布団にする

スペースの有効活用の手段として半同棲で使用する方が多い2段ベッドです。

しかし、冷気は下に行き暖気は上に行くため、それぞれの温度調節がちょっと難しいというデメリットはあります。

また天井が低い場合2階に寝ている方は、頭をぶつける危険性もあります。

スペースの有効活用を考えるのであれば、ベッドではなく布団もおすすめです。

布団にすれば眠るとき以外は押し入れに布団を収納することで、眠る時以外広々とお部屋を使えます。

同棲中のトイレの音

大好きな相手との半同棲生活の中でトイレの音がになる方も多いでしょう。

トイレの音を気にするあまり、相手が寝ている間やお風呂中にトイレを済ませる方や我慢する方もいます。

トイレがストレスにならないように以下のような対策を立てておきましょう。

  • トイレの音が気にならない間取りの住まいを検討する
  • トイレ中はテレビの音量を上げたりする等の配慮をする
  • 擬音装置を取り付ける

うるさいいびきには専用グッズを使う

同棲相手のいびきがひどくよく眠れないことがストレスになるケースも多くあります。

相手のいびきが気になる場合は、不快にさせないように注意し相手の健康を気遣いながらいびきのことを伝えましょう。

いびきを改善する枕やサプリ等のいびき専用グッズを活用がおすすめです。

2人でしっかり話し合い、快適な半同棲生活のためにいびきを解消していきましょう。

恋愛のプロに相談をする

相手との良好な関係を維持するためには、「恋愛のプロ」に相談し的確なアドバイスをもらうことが一番です。

しかし「相談したいタイミングで相談できる相手がいない」という方は多いでしょう。

そこでおすすめなのが「電話占い」です。オススメは電話占い【絆】

24時間いつでも利用できるためあなたが相談したいタイミングで相談に乗ってもらえます。

様々なジャンルに精通した占い師が在籍しているのも魅力で、恋愛をはじめ仕事や人間関係についての相談も可能です。

更に「電話占いの絆」はテレビやラジオ等のメディアで紹介されていて評判も良い!

半同棲での悩みで困った時の相談相手としては申し分が無い存在と言えるでしょう。

\3,000円分の占いが無料/

同棲カップルに人気NO.1の賃貸物件の間取りは『2LDK』

同棲カップルに人気NO.1の賃貸物件の間取りは『2LDK』

同棲カップルに人気No.1の賃貸物件の間取りは2部屋とリビング・ダイニングそしてキッチンがある間取りの2LDKです。

2DKはリビングの他にある2つ部屋をそれぞれの空間として使用できることがポイント!

生活リズムが違うカップルやプライベートの空間を大事にしたいカップルに定評があります。

また、単純に部屋が多く広いため荷物が多いカップルにも最適です。

実際に住んでいるカップルの声も紹介しますね。

間取りは最低でも2部屋欲しかったので2LDKにしました。2部屋ある2LDKにして本当に良かったです。

ケンカした時は少しでも離れて冷静になれるので、やはり同棲でワンルームなどは避けた方が良いと感じました。

ケンカしたとき等一人になって冷静になれる空間があることはとても大切ですね。

2LDKの間取りのおかげでケンカもエスカレートしなくて済みます。

2人分の荷物があるため、広めの収納が決め手になり今の2LDKの物件に決めました。

広さは文句なしですし、リビングの隣を寝室にしたのでとっても住みやすい空間になりました。

2LDKという余裕を持った空間は、気持ちにも余裕も生まれて住みやすい空間になりますよね。

同棲カップルに人気NO.2の賃貸物件の間取りは『1LDK』

同棲カップルに人気NO.2の賃貸物件の間取りは『1LDK』

同棲カップルに人気No.2の賃貸物件の間取りは1部屋とリビング・ダイニングそしてキッチンがある間取りの1LDKです。

プライベートな空間を確保することにあまりこだわりが無いカップルには人気の間取りとなっています。

また2LDKと比べて部屋数が少ない分家賃が安いという点も大きなメリットと言えるでしょう。

プライベート空間の確保は難しい分、二人の空間を満喫できるというように捉えればそれもメリットになり得ます。

実際に1LDK住んでいるカップルの声を2件紹介しますので、間取り選びの参考にしてみてください。

1LDKで良かったです。

2LDKで同棲している友だちは一部屋余ってしまい、物置状態なので1LDKでも良かったと話していました。

私たちはよくリビングに一緒にいて寝るための部屋が一室といった使い方でとても満足しています。

生活リズムが違う仕事なので寝室とリビングは別にして正解でした。

十分な収納やトイレやお風呂は寝室を通らずに行けるかどうか等が物件選びのポイントになりました。

ケンカが少なく仲睦まじいカップルにとっては、1LDKは正に快適な間取りですね。

例え生活リズムが違うカップルでも1LDKの間取りであれば使い方次第で充分快適に過ごせます。

自分たちが暮らしやすい条件をしっかりとチェックし最適な1LDK物件を探してみましょう。

半同棲でおすすめの間取り:まとめ

今回ご紹介した内容をまとめてみます。

  • 快適な半同棲生活のため「音」と「スペース」と「良好な関係維持」を考慮して工夫する
  • 1番人気がある半同棲の間取りは互いのプライベート空間が確保できる2LDK
  • 2番目に人気の半同棲の間取りは家賃を抑えられる1LDK

半同棲は狭い間取りになってしまうことが多く、ストレスが溜まる場合が多々あります。

しかし大好きな相手と暮らす半同棲生活で得られる幸せや喜びは多々あるでしょう。

半同棲に人気の間取りを考慮しながら物件を検討し、自分たちだけの素敵な空間を築いていきましょう。


この記事が気に入ったら
いいね!お願いします♪
↑ twitterもやってます
同棲 間取り
スポンサーリンク
スポンサーリンク
yukaをフォローする
同棲カップル

コメント

タイトルとURLをコピーしました