⇒誰でも年間で約34~42万円も節約できる方法

【真剣な交際を目指した結果】恋愛婚活アプリ「with」がすごかった

真剣な交際 同棲 出会い

yuka
yuka

わたしが今の彼と出会ったのも実はwith

今回は実際に利用したわたしの友人のお話をご紹介します。よろしくお願いします。

よろしくお願いします。今回は気になっていたマッチングアプリwith

こちらを1ヶ月間使ってみた感想や使い方などをご紹介します。

with(ウィズ)

\メンタリストDaiGo監修/

わたしが「with」を使おうと思った理由

元彼と別れ、おひとりさま生活を謳歌し続けてはや1年…

楽しかったといえばもちろん楽しかったのですが、そろそろ一緒にお出かけしたり笑い合えるようなパートナーが欲しいなと思い始めました。

そこで思いついたのが、「マッチングアプリってどうなのかな…?」ということ。

わたしももう30歳。できるなら、遊びじゃなくて真剣な交際がしたい…!

マッチングアプリだと、すぐに出会えるしプライベートは明かさなくてもなんとかなる!

だけど、もしかして遊びやヤリモクの方も多いのでは…!?と考えてしまい、興味はあるもののちょっと不安だったんですよね。

そんな時に目に留まったのが、テレビなどでもよく見かけるメンタリストDaiGoさんが監修したというマッチングアプリwith

DaiGoさんといえばメンタリズムでとても有名ですよね。

このアプリにはDaiGoさんならではの、相手とマッチングしやすい機能がたくさんついているんです。

これは他のマッチングアプリとは一味違うかも…?と思い、使ってみることにしました。

with(ウィズ)

\メンタリストDaiGo監修/

withの基本情報や特徴

withの基本情報や特徴

恋愛・婚活アプリ「with」はメンタリストDaiGoさんによる監修のもと運営されています。

他のアプリとの大きな違いは2点です。

  • プロフィールや心理テストに答えるなどのメンタリズムに基づいたマッチング
  • 趣味や共通点などから相手を見つけるため、会話が弾みやすい

こういった特徴があります。

心理テストでの結果から自分のタイプを知ることができ、またそれに合うタイプの相手を自動的に表示してくれたり。

相手のプロフィールページでは趣味などの項目(例えば旅行好きや家でまったりすることが好き、など)が表示されるので、コミュニケーションが取りやすいです。

登録はfacebookアカウントを使用します。もちろん、facebook上でwithに登録したことがばれるようなことはありません!

知り合いに使っていることがバレたり、友達とマッチしたら嫌ですもんね。

安心して使い始めることができるのが良かったです。

ここが良かった!withの強み・メリット

実際に1か月使ってみて感じたメリットは3つです。

  • プロフィールを埋めることでマッチング率が高まる
  • 独自の診断「イベント」でマッチング率アップ
  • 同じ趣味で繋がることができる

プロフィールを埋めることでマッチング率が高まる

プロフィールは名前などの基本情報の他、「結婚に対する意思」や「出会うまでの希望」などという項目もあります。

空欄のままでも構いませんがここを埋めていくとマッチング率がグッと上がりました。

もしかしたら真剣なお付き合いになるかもしれない相手ですから、結婚に対する考え方やデートまでのこと、デート費用の考え方も分かっていると安心ですよね。

かなり細かく項目があるので、自分にぴったり合う相手を見つけやすいと感じました。

独自の診断「イベント」でマッチング率アップ

「with」では不定期に「イベント」というものが開催されます。

いくつかの心理テストや質問に答え、自分の心の中や価値観を知ることが出来るものです。

例えば、休日の過ごし方への価値観や、お金の使い方に対する価値観などです。

答え終わると「あなたは◯◯タイプ」「◯◯型」のような結果が出て、またそれにマッチングしやすいタイプも教えてくれます。

さらに、そのタイプの相手を自動的に探してくれるんです!

プロフィールからではわからない、さらに深く踏み込んだ価値観を合う相手を自動的に探してくれるって、親切すぎる機能じゃないですか…?

また、自分で相手を探したり、ついた足あとから相手のプロフィールページをみに行った時に、相手もそのイベントに参加していれば、どんなタイプかを知ることができます(便利!)

マッチングするしないは別にしても、項目に対しての考え方が一目でわかるので、「この人はこういう人なんだな」と想像ができ、コミュニケーションをとるかどうかの判断に至りやすいなと感じました。

同じ趣味で繋がることができる

昔流行ったSNS、mixiをご存知でしょうか…?

mixiに「コミュニティ」という自分の好きな趣味などで繋がれる項目があったことは、使っていた方ならわかると思うのですが、、、。

その「コミュニティ」と同じような「好みカード」という機能がついているんです。

わたしも「A型です!」や「漫画好き」、好きなアーティストの好みカードを登録しています。

これのいいところは、ちょっとマニアックな趣味でも繋がれる人がいるということ。

この好みカードもプロフィールページに表示されるので、好きな漫画やアーティストなどの好みカードが一緒だと「おっ!」と嬉しくなってしまうんですよね。

好みカードがわかると話もしやすいですよね。

真剣な交際を望んでいる人が多い印象

わたしが心配していたことに

どうせ遊び目的やヤリモクの人が多いんじゃないかな・・・

というのがあったのですが、数人の男性とやりとりしてみて思ったのが「むしろほとんどの男性が真剣交際を望んでいるのでは…?」ということ。

わたしはとりあえず「いいね」をくれた方のほとんどとマッチングを成立させてやりとりをしてみたのですが(そのうち会話が続いたのは半分くらいでしたが)、みなさん「会おう」とか「遊びに行かない?」などは驚くほど言ってこなかったです。

おひとりから「会って話したい」と、マッチング成立して数回のやりとりのあと言われたのですが、早すぎると思い、

もう少しやりとりしてからでもいいですか?

とお断りしたら快く引き受けてくださり、その後も会話が続きました。

他の方も向こうからわたしの趣味や休日の過ごし方などを聞いてくれたり、グイグイと無理に恋愛にもっていこうとしない優しい方が多い印象です。

メッセージのやりとりを続けて1ヶ月後にどこか出かけませんか?とお誘いが来るテンポでした。

with(ウィズ)

\メンタリストDaiGo監修/

withを使ってみて感じたデメリット

やってて気づきました。「イケメンやモテそうな人とはマッチングが成立しない」という事実に・・・!!

いやあ、女子のはしくれのわたくしごときが、こんな上から発言してしまってごめんなさい。

でも…でもひとつ言わせてください。

「あ、この人は人気ありそう、かっこいい」みたいな人とはいいねを押してもマッチングしません!笑

しかもそういう人に限ってプロフィールなどを読んでいると遊び相手探しに見えてくる…これはわたしの偏見です。笑

ひとりくらい、かっこいい人とマッチングしてみたかったんですけどね。そこは残念です。

そもそもイケメンやモテそうな人があまりいない

いやはや、またの無礼発言をお許しください…!

中身は素敵な人なんでしょうけれども、プロフィールをパッとみただけだと「う〜ん…」みたいな人が多いです、正直なところ。

でも人間中身が大事ですし、顔はタイプじゃないなという方ともたくさんやりとりしましたよ。

向こうからどんどん質問してくださったり褒めてくださる方も多く、嬉しい気持ちになりました。

顔面偏差値が高い方しか無理!という方には向かないかもしれません。

でも「with」は、見た目ではなく中身で繋がれる、真剣交際を望む人たちへのサービスなのだなと感じました。

まとめ:「with」はこんな人におすすめ

  • 20代後半〜30代の相手を探している人
  • 将来を見据えて真剣交際が出来る人を探している人
  • 趣味や性格など深く相手を知りたい人
  • アプリ上でのやりとりを長くしたい人
  • 今までの婚活や婚活アプリでうまくいかなかった人

性格や価値観で相性のいい相手を見つけられるので、今まで他のアプリを使っていたけれどなかなかいい人に出会えない…という方にぜひ使ってみてほしいです!

わたしも、1ヶ月ずっとメッセージをやりとりしてきましたが、ついにそのうちの仲良くなったおひとりと、次の週末に会ってきます!

みなさんも、婚活楽しみながら頑張りましょうね!

yuka
yuka
合コンで偶然に頼って疲弊するよりも、はじめからある程度気が合う人と話す方が楽しいですよね。

サービス登録は基本無料。上場企業が提供しているため安心して利用できました。

気になる男性を空き時間に探してみましょう。

with(ウィズ)

\メンタリストDaiGo監修/


この記事が気に入ったら
いいね!お願いします♪
↑ twitterもやってます
遺伝子レベルで相性のいい人がわかる

\運命より確実な出会いを/

見た目や年収などの条件だけでなく、相手と自分の恋愛における価値観や気の合う度合いが気になる方におすすめ!

真剣な出会いと結婚相手を探している方が多く利用しています。

同棲 出会い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
yukaをフォローする
同棲カップル

コメント

タイトルとURLをコピーしました