⇒誰でも年間で約34~42万円も節約できる方法

同棲するための部屋探しのコツ

同棲するための部屋探しのコツ 同棲 間取り

同棲を始める予定だけど

何か注意点とかあるのかな?

部屋探しのコツがあれば知りたいな

同棲するのに最適な部屋探しのコツ、知りたくありませんか?

ひとり暮らしのときとは違って同棲となると、2人の意見を尊重しなければならず、ぶつかることも多いですよね。

今回はそんなカップルに同棲時の部屋探しのコツを下記の順番でご紹介します。

  • 同棲のメリット・デメリット
  • 同棲の部屋選び7ヶ条
  • 同棲前の注意点

さっそくみていきます。

これから同棲を始めるお2人へ

「もっと一緒に居たい」

「結婚する前に相手のことをもっとよく知りたい」

そう思って同棲を考え始めた人も多いのではないでしょうか。

まずは同棲するメリットとデメリットの整理をしていきましょう。

同棲のメリット

  • 長い時間一緒に過ごせる
  • 生活の様子がよくわかる
  • 節約できる
  • お互いにサポートしあえる…etc

相手との時間を大事にしたい2人は同棲を始めることがおすすめですね。

同棲のデメリット

  • ひとりの時間もほしくなる
  • 意見がぶつかる
  • お金のことで喧嘩になる
  • 結婚に移行するタイミングを失う

一方で距離が近くなるためにぶつかることもなるべく新たな部屋を2人。

お互いに歩み寄っていく姿勢が必要になります。

同棲の部屋選び7ヶ条

同棲時の部屋選びに大切な7ヶ条があるので下記の順番でご紹介します。

  1. お互いの希望条件をまとめておく
  2. 家賃設定
  3. 立地
  4. 間取り選び
  5. 同棲可能な物件か確認する
  6. 設備や条件選び
  7. 賃貸物件はお金が返ってくる物件を選ぶ

お互いの希望条件をまとめておく

お互いの希望を箇条書きで思いつくままに書き出しましょう。

その後に絶対条件と優先順位を決めるのです。

相手が何を大事にしているのかわかり、後に喧嘩することも減りますよね。

検索する上でも楽になるので、よく話し合いをして情報を共有してみてください。

家賃設定

家賃は2人の手取り合計の3分の1以内にしましょう。

しかし、できるのであれば理想は4分の1以下です。

詳しくは下記に記載しているのでご覧ください。

立地

お互いが職場にアクセスしやすい場所で探しましょう。

片方が負担になる場所は後々苦痛になっていきます。

間取り選び

2人で暮らすのであれば間取りも重要です。

意外と気になるのが生活音。

暮らし始めると女性は特にトイレの音など気になるのではないでしょうか。

部屋の数や広さももちろんですが、配置も考慮してみてください。

同棲可能な物件か確認する

比較的小さめのお部屋だと同棲を禁止しているところもあります。

あとでバレると不動産や大家さんと揉めることになるケースも。

同棲ができるのかどうかはじめにチェックしておきましょう。

設備や条件選び

男性1人で暮らすときは気にしなかった面も、女性がいるときは考えなくてはなりません。

洗濯物を外で干したいのであれば2階以上など、セキュリティは大丈夫かどうか。

また、自炊で節約したいのであれば部屋の周辺にある施設も確認しましょう。

同棲開始前や、同棲中の節約のコツは以下を参考にどうぞ。

賃貸物件はお金が返ってくる物件を選ぶ

お得な賃貸サイトをご存知でしょうか。その名はキャッシュバック賃貸

こちらの賃貸サイトを使うと、入居決定で引っ越し祝い金が必ずもらえるという優れものです。

サイトに掲載されている物件から選ぶだけで、祝い金がもらえちゃいます。簡単ですね♪

yuka
yuka

わたしたちが同棲を始める際も、

こちらのサイトを利用してお金を節約しました!

同棲をはじめるとなると、同棲の初期費用って結構かかるんです。

どうせはじめるなら少しでも節約して損はしたくないですよね?

いざ物件を探す際は、キャッシュバック賃貸から探してみましょう。


\祝い金が最大10万円!もらえる/ キャッシュバック賃貸

同棲前の注意点

同棲前の注意点

同棲する上で気をつけるべき注意点があります。

上手く進めるためにも下記の内容を参考にしてください。

ひとり暮らしの部屋に転がり込む

新たな部屋を決めず、相手が暮らしていたところに転がり込むのはやめましょう。

すぐにが厳しいのであれば期限を決めること。

ひとり暮らしで契約しているのでバレたときに追い出されることもあります。

また、1人で広々使えていたはずの部屋が急に窮屈になると不満が募ることもあるでしょう。

なるべく新たな部屋を2人で決めて同棲をスタートさせることをおすすめします。

内見を相手だけに任せる

忙しいからと内見を相手だけに任せるのはいけません。

見るべきポイントを事前に伝えていたとしても人の感覚は違うもの。

こんなはずじゃなかったとならないためにも必ず2人で内見はしたほうが良いです。

2人の視点が違うので物件の欠陥も多く発見することができますよ。

同棲可能かどうか

先ほども申しましたが、同棲可能かどうか事前に確認してください。

広めの部屋であれば同棲可能なことも多いですが、2人だと消耗度が違うため断られることも案外あります。

黙っていれば大丈夫と思っていても、近くに住んでいる大家さんや同じ建物の住人からバレてしまうのです。

入居者間で不公平があると近隣トラブルの元になりかねません。

同棲する際の部屋探しコツ:まとめ

同棲する際の部屋探しのコツを下記にまとめます。

  • お互いの希望条件をまとめ、2人が無理のない場所を選ぶ
  • 部屋探しはお得に賃貸契約ができるキャッシュバック賃貸
  • 同棲可能かどうかは必ず確認する

ひとり暮らしよりもハードルが高くなる同棲。

なるべく喧嘩少なく部屋選びをしたいですよね。

思い通りにいくことばかりではないですが、事前にしっかり打ち合わせておけばぶつかることも少なくなります。

お互いの理想をすり合わせて現実に近づけていくのがスムーズに進めるコツです。

また、ワンルームで2人で暮らせたら節約にはなりますが同棲禁止されていることもあります。

そういったことも考慮しつつ進めていけば、住み始めてからのトラブルもなくなります。

上手に、お得に部屋探しをして、素敵な同棲生活を始めてみてください。


\祝い金が最大10万円!もらえる/ キャッシュバック賃貸


この記事が気に入ったら
いいね!お願いします♪
↑ twitterもやってます
同棲 間取り
スポンサーリンク
スポンサーリンク
yukaをフォローする
同棲カップル

コメント

タイトルとURLをコピーしました